ブログ訪問への皆さんこんばんは。
今回は【横隔膜と腰痛の関係】についてお話していこうと思います。
横隔膜って皆さんご存知かと思いますがウシでゆうハラミですね(^^;;
このハラミが腰痛と深い関係性があるのです(^^)
まず図で確認していきます。

肋骨下辺りからドーム状に丸くなってるのが横隔膜です。
この横隔膜が腰痛の原因になる重要な役目を果たしてるのです。
さてここで皆さんが日常普通にしてる呼吸って無意識にしてると思いますが、この呼吸を少し変えるだけで腰痛が改善されるのです(^。^)
それは下の図で確認していきます。

【横隔膜と大腰筋】って書いてある筋肉が繋がっている事が絵でみてわかりますが、
呼吸が浅くなったり、早くなったりすると横隔膜の動きや周りの筋肉や内臓の動きが悪くなる為、常に大腰筋緊張感して硬くなったりする訳です。

常に呼吸が浅くなったりすると腰痛以外に姿勢不良や内臓機能低下にも影響がある事から
この横隔膜を意識した呼吸【腹式呼吸】で腰痛が緩和されていくのです。
腰痛をお持ちの方は是非、実践して見られては(-_^)

へぐり整骨院::兵庫県姫路市飾磨区上野田6-39 TEL:079-233-9088
骨折・脱臼・捻挫・打撲・スポーツ外傷・むちうちの痛み等でお悩みの方はお気軽にご相談ください。
| - | 20:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.heguri-seikotuin.com/trackback/158
トラックバック
<< 花粉症からぎっくり腰へ | main | 腰痛改善にビタミンE >>
このページの先頭へ